• 血圧…心臓が血液を全身に送るときの圧力のことです。血圧が基準値以上で、それが続く状態のことを「高血圧」と言われています。
    高血圧は自覚症状が明確ではなく、放っておくと、動脈硬化を起こしてやがては心臓病などの合併症になっていきます。
    自覚症状が出たときはすでに生死に関わる病気が進行していたという例もよくあります。
  • 生活習慣と遺伝的な体質が関係していることは解明されていますが、実は「高血圧」の80%以上は原因不明となっています。
    日本には約3000万人もの患者がいると言われていますが、原因のひとつとしては、伝統的に塩分摂取量の多い日本の食生活も影響していると考えられています。
    肥満やストレス、運動不足、喫煙、過度の飲酒も影響していると思われます。
脳の動脈が詰まっておこる「脳梗塞」
血流が止まると、脳細胞が壊死し、脳に重大な障害をもたらします。
「脳出血」
高血圧が続くと細い血管が動脈硬化を起こしたり、血管がふくらんで動脈瘤を創ります。 これが破裂して起こるのが「脳出血」です。 多くの場合は自覚症状がなく、突然起こります。急激な発作の場合は、死亡することもあります。
「くも膜下出血」
脳出血の一種で、脳を包む細い血管に動脈瘤ができ、それが破裂して起こるものです。
「腎障害」
腎臓の小動脈の動脈硬化が腎機能を低下させることを「腎障害」「腎硬化症」といいます。 進行が遅いため発見されにくいのですが、腎不全にまで疾患が進行すると血圧は更に上がります。
「心肥大」
これが続くと「心不全」になり、動悸・息切れ・呼吸困難などに陥り、生命にも関わります。
「狭心症」
動脈硬化によって心臓の冠動脈が狭くなり血液の供給が低下した状態を「狭心症」と言います。
「心筋梗塞」
冠動脈がさらに細くなったり、血栓が詰まることで、血液が供給されない部分が懐死する病気が「心筋梗塞」です。最初の発作で3割の方が亡くなり、半数以上は1時間以内に亡くなると言われています。
「糖尿病」
高血圧が直接の原因ではありませんが、高血圧の人はそうでない人に比べて2~3倍も多いことがわかっています。 高血圧の人が糖尿病になると、それぞれの病状が加速され、「心筋梗塞」などが起こりやすくなります。

集団検診などで「高血圧」と診断された場合は、速やかに医師の診断を受けましょう。 症状の軽い時期から治療を行うことが大切です。